英語の発音が大切な理由とおすすめアプリ5選の紹介

突然ですが、カタカナ訛りの発音を放っておいていませんか?
日本人の皆さんにとって、英語の発音は英語学習のなかでも苦手なものかもしれません。
発音に自信がないことから、英語を話すことを恥ずかしく思ってしまう人もいるでしょう。恥ずかしいと、さらに発言することが少なくなるという負のスパイラルが生まれてしまいます。
こういった状態だと、英語で話しができるようになりたい、英語を活かした仕事に就きたいという目標にはなかなか近ずくことができません。

しかし、困った状況のときこそチャンスです。改善すべきポイントがはっきりしているからです。

発音に悩んでいる人にとっては、発音をきちんと上達させられればよいということになります。
「それができないから悩んでる!」と言われそうですね。

そこでこの記事では、日本人の英語の発音事情や発音を鍛えることの重要性、発音を上達させるためにおすすめのアプリ5選をお届けします。

なぜ、多くの日本人が英語の発音を苦手とするの?

英語を学習している皆さんであれば、過去に外国人と話す機会があったかもしれませんし現在も友達や同僚などがいるかもしれません。
しかし、話すたびに「R」と「L」や「th」などの発音が気になりすぎてしまったり、相手の外国人に自分が言いたいことが伝わっていないと感じるとさらに焦ってしまうこともあるでしょう。

では多くに日本人がなぜ英語の発音を苦手としているのか?
決して、読者の皆さんだけではありません。
以下の通り、2つの大きな原因があります。

①日本語にはない音がある
もともと日本語と英語では、口の動かし方や音の作り方に違いがあります。
例えば、英語のR, L, F, V, W, THは日本語にはありませんね。
THが含まれるthisやthank you、RとLが含まれるrightやlightなど、多くの皆さんがこれらの発音を苦手にしているのではないでしょうか?また、英語の発音は、くちびるや口のなかでの舌などを日本語以上に使うことが必要です。
日本語にない音ですから、やはり聞く・発音するという練習を繰り返していくしかありません。

②英語の発音への自信がない
皆さんが英語の発音に対して苦手意識を持つとき、ネイティブスピーカーのようなパーフェクトな発音でないといけないと思い込んでいませんか?
日本人特有のカタカナ英語の訛りをそのままにしておいて良いということではありませんが、ネイティブでない私たちがネイティブとそっくり同じような発音でないといけないと思いすぎることは積極性を失わせてしまいます。
ネイティブのように英語を話したいという目標に向かって努力し、その過程においては間違っても、多少伝わらなくてもコミュニケーションを取ることが大切です。その過程で発音もよくなっていく可能性があります。
パーフェクトな発音でないといけないと思いすぎるよりも、どんどん練習をしたほうが早道です。

発音を鍛えることの重要性

日本の義務教育や高校時代、英単語や英熟語の暗記に時間を相当使っていませんでしたか?しかし、正しい発音を学ぶ機会はほとんど無いと言えるでしょう。ゆえに、その多くはカタカナ読みの日本人独特の訛りとなります。
習った英語を外国人相手にアウトプットする機会もほとんど無く、そのような場面で自信がなく恥ずかしいという感情に支配されてしまいます。

ここで、発音の重要性を改めて確認しましょう。
・伝えたいことを伝えるため
正しい発音でなければプライベートでもビジネスの場面でも、外国人に伝えたいことが伝わりません。
前述の通り、英語には日本語には存在しない音があります。その分、やはり練習をしてネイティブに近い発音に持っていくことはコミュニケーションを取る上で重要なのです。

・聞き取る力を上達させる
発音を練習することで、ネイティブの発音に触れる機会が増えます。英会話では単語の強弱があったり単語同士をつなげて発音することも多く、ネイティブの発音に慣れていくことはそれを聞き取る力を上げることにもつながります。聞き取ることができれば自分の発音にも良い影響があります。

このように、発音の練習は「自分が伝えたいことを伝える」そして「相手の言っていることを理解する」という双方向へのベネフィットがあるのです。

発音の重要性を再確認したところで、どのように英語の発音を練習するのか具体的にご紹介します。

英語の発音練習にアプリを使うメリット3つ

発音をよくするためには、DVDや教材に含まれるCDなどで練習することもできます。
しかし、今回はアプリを使った勉強法を紹介しましょう。

アプリを使った英語学習には、以下のメリットがあります。
①習慣化しやすい
アプリを使った発音の練習のメリットは、いつでも手にしているスマートフォンまたはタブレットにダウンロードすることで「習慣化」しやすいことが一番です。ぜひ、隙間時間があればいつでも練習するといった習慣を身につけましょう。

②低コスト
無料のものから1,000円以下のものまで、アプリを使った学習はそのコストがほとんどかからないことが大きなメリットです。
低コストであれば取り入れ易く、発音以外の他の学習方法と並行してやっていくことも可能になります。

③アプリであれば他でわざわざ録音する必要がない
以前はテープレコーダーに録音しないと聞け無かった自分の発音ですが、アプリを使えばそのまま確認ができることも手軽でありおすすめのポイントです。

アプリを使った英語学習のデメリットとしては、スマートフォンやタブレットを使うのでSNSやメッセージなどのお知らせがくるとついついそちらへ流れてしまうことがあることでしょう。
気軽に使えるアプリだからこそ、その部分については自分に厳しくする必要があります。

それでは、発音を練習するのにおすすめのアプリを5つ紹介しましょう。

英語の発音練習におすすめアプリ5選

さっそく、おすすめ5選のご紹介です。

①Real英会話
600円
iOS
英会話講師のテリー先生が作ったアプリです。
このアプリはあまりにも難しい単語や英文法にとらわれることなく、ネイティブスピーカーが日常的に使う英会話フレーズを学ぶことができます。ですので、フレーズを丸暗記し使いこなすことで自然な英会話を身につけていけます。
フレーズは日常の生活シーンからビジネスシーンまで、さまざまなシチュエーションに応じ例文が3,100以上用意されています。加えて、1日に1フレーズが追加となりますので常に新しいフレーズを学習することができます。また音声の自動再生は、英語のスピードやリピートの回数など細かく設定ができます。
発音のチェックをするときには、iPhoneの「英語キーボード」および「Siri」をONにしましょう。
「発音練習」をクリックすると、自分の発音が録音されます。すると音声認識AI(Siri)により、通じるかどうかの合格・不合格が判定されます。
発音練習だけでなく、リスニング・スピーキング・ディクテーションなど英語学習には必須のトレーニングができるのも、100万人ユーザーを突破したアプリならではでしょう。

②発音博士
iOS, Android
アプリ内課金あり
発音博士は、中学レベルの英単語の発音について、発音記号をベースに採点します。例えば、日本人にとって難しい「L」を「R」で発音してしまった場合に「L」だったということを教えてくれたりします。
ネイティブの発音を聞き、自分が発音したものが添削されるという、大変シンプルな方法で、録音した自分の音声を聞くこともできます。判定は合否でなく、100点満点の表示のためどれほど正しいか正しくないかが一目で分かります。単語は英会話に必要なものがピックアップされているところも使い勝手がよいアプリと言えます。特に、英語初心者の人におすすめです。

③発音検索!英語辞典イーモン
iOS, Android
アプリ内課金あり
発音矯正の神アプリとも言われる発音検索!英語辞典イーモン。知りたい英単語の発音と意味だけをサクッと検索できるアプリです。
発音辞典の特徴として、各英単語の表記が音節ごとに区切られているところでしょう。そのため、アクセントの位置や発音を確認しやすくなっています。分からない英単語をすぐに発音記号とともに正しい発音の確認ができる、発音記号を見るだけでその音がイメージできる利点は大きい、細かい解説も良いと好評です。こちらも英語初心者の人におすすめです。

④発音図鑑
960円
iOS
発音図鑑はネイティブスピーカーの舌の動きをリアルな3D映像で再現してくれる、ユニークなアプリです。
舌の動き、そして息の流れなどをヒントに、英単語をより正しく発音できるように練習できます。分かりづらい発音は、スロー再生でしっかりと確認できます。
発音図鑑というネーミングの通り、母音・子音などすべての発音を完全網羅しています。他のアプリと併用して、辞書を持つ感覚で利用するのもおすすめです。

⑤SpeakingPal
iOS, Android
アプリ内課金あり
SpeakingPalは短い動画をリスニングし、スピーキングで発音が評価されるアプリです。発音は3つ星で自動評価され、間違えたところやクリアでない箇所を赤字に変えてくれるので分かりやすく英語初心者から初級者向けとなっています。発音の自動評価の精度が高いということで評判がよいのです。
動画には英語字幕が随時でているのと、最後には和訳もでてきますので英文の内容もしっかりと理解することができます。
ビデオキャラクターがいるのですが各英会話には必ずオチがあるというユニークさと、発音の口や舌の形なども学習できるしっかりとした面が揃っているアプリです。

英語の発音、要はコミュニケーションのため

なぜ、英語の発音をよくしたいのか、それは究極は外国人とのコミュニケーションを取るためと言えるでしょう。
ネイティブの発音を聞く機会が少ない日本人にとっては、意識して発音の練習をしない限りその発音に慣れていくことが難しい面があります。また、教材などで発音記号などを目で追っているだけの学習方法にも無理があります。
その点、アプリを使った勉強方法はネイティブの発音を聞き、それを自分でもアウトプットする作業の繰り返しができるのでやればやるほど発音をよくしていくことが可能です。

皆さんの多くは、日常生活やビジネスシーンで外国人ともっと話せるようになりたいという人が多いでしょう。
そういった目標には、相手に理解してもらえる英語を習得するという意味でアプリを使った発音の練習がおすすめなのです。
毎日少しづつでもアプリを使う練習と、外国人との話す機会にはパーフェクトな発音でなくても発言する意識がコミュニケーションを円滑にします。

英語の発音まとめ

発音がカタカナ英語であっても、ある程度の意思疎通はできます。しかし、発音を練習することで相手の理解度が増しコミュニケーションが取れることは皆さんの英語学習のモチベーションを高めることに大変有効です。ビジネスシーンであれば、なおさら必要です。
発音だけにガチガチになることは必要ありませんが、英語学習のなかに発音練習をぜひ取り入れ上達させ、英語での発言を自信を持ってできるよう頑張りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 第二言語の習得を考えるとき、英語の学習に励んでいる人は多くいます。 目的は、外国人とのコミュニケー…
  2. そろそろTOEICを受けてみようかなと思っている方いませんか? 「そうは言うものの、何から始…
  3. 英語を学習している人なら、TOEICのことは聞いたことがあるはずですね。 就職活動や転職時、TOE…
  4. さて、今回は「前置詞」です! 日本語にはなくて英語にある品詞「前置詞」。 英文を書くとき、英語で話…
  5. 英語を学習している皆さん、「自動詞」と「他動詞」は聞いたことがありますね。 それでは、英語の…
  6. 突然ですが、カタカナ訛りの発音を放っておいていませんか? 日本人の皆さんにとって、英語の発音は英語…
  7. 中学英語の文法・一般動詞を分かりやすく説明します!
    中学で習う、とても重要な英文法。 中学英語をきちんと理解し使えるようになれば、基本的な日常英会話が…
  8. 英文法・肯定文を疑問文・否定文へ変化させるルール
    英語の文章で、肯定文を疑問文や否定文に変えるにはルールがあります。 英語のテスト問題には、 …
  9. 英語での仕事の打ち合わせ
    外国人と英会話をする機会があっても、英語初心者の人にとってはなかなか言いたいことを思うままに伝える…
  10. コミュニケーションは「挨拶で始まって挨拶で終わる」と言っても過言ではありません。 これは日本に限っ…

はじめに

ピックアップ記事

  1. 2020-3-23

    多忙な社会人が英語学習を続けるためにしたいこと

    第二言語の習得を考えるとき、英語の学習に励んでいる人は多くいます。 目的は、外国人とのコミュニケー…
  2. 2020-3-3

    TOEIC解説、英語初心者が始めるべき勉強法とテスト直前・当日・直後にすべきこと

    そろそろTOEICを受けてみようかなと思っている方いませんか? 「そうは言うものの、何から始…
  3. 2020-2-21

    TOEIC基本情報ガイド その詳細や特徴とは?

    英語を学習している人なら、TOEICのことは聞いたことがあるはずですね。 就職活動や転職時、TOE…
ページ上部へ戻る